日本選手4人が出場!シントトロイデンVSゲンク(3-3)【ベルギーリーグ第9節(2019/20)】

日本選手4人が出場!シントトロイデンVSゲンク(3-3)【ベルギーリーグ第9節(2019/20)】

ベルギーリーグは伊東純也のゲンクが敵地でGKシュミット・ダニエル、鈴木優磨、伊藤達哉のシントトロイデンと対戦し、 3点リードを追いつかれて 3-3で引き分けた。
伊東とシュミットはフル出場した。 鈴木は前半 43分、伊藤は 61分から途中出場した。

ゲンクが有利に進め、 15分に左コーナーキックをボンゴンダが頭であわせて先制した。

48分にはハンド反則でPKを得てハギが決めた。 60分にはボンゴンダが倒されてPKを獲得し、ハギが決めて 3-0とした。

直後にシントトロイデンのサポーターがフィールドに物を投げ込む妨害があり、試合が約20分中断した。

再開後はシントトロイデンが攻勢をかけ、 63分に右コーナーキックがディフェンスとバーに当たって左に流れたところをボリが頭で押し込んだ。

80分には伊藤が左サイドのフリーキックをゴール前にあげ、 鈴木が頭で落としてガルシアが右足で決めた。

87分にはボリがペナルティーエリア内で縦パスを受けて右足で決めた。

シントトロイデンは 3勝 3分 3敗となった。勝ち点 12で 9位。

ゲンクは 4勝 2分 3敗となった。勝ち点 14で 6位。

【動画タイトル】

【ハイライト】シントトロイデン×ヘンク「19/20 ベルギーリーグ 第9節」

スカパー!海外サッカー[公式] YouTube