鎌田はポジション変更、長谷部は今季初めて出番なし…難敵ライプツィヒとドロー

[11.21 ブンデスリーガ第8節 フランクフルト 1-1 ライプツィヒ]  ブンデスリーガは21日に第8節を行い、日本代表MF鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトはライプツィヒと対戦し、1-1で引き分けた。代表帰りの鎌田は開幕から8試合連続先発となり、シャドーの一角で後半18分までプレー。長谷部は今季初めて先発から外れ、出番は訪れなかった。  フランクフルトはこの試合で前線の形を変え、3-4-2-1の布陣を採用。ここまでトップ下で出場していた鎌田はシャドーの一角に入り、前半6分にフィ…