衝撃の6発大勝、逆転4強進出にスペイン代表監督上機嫌「目指していたことをやれた」

 ドイツ代表を相手に6得点を奪って大勝したスペイン代表のルイス・エンリケ監督が、試合後の会見で「勝っただけでなく、内容もとてもよかった。自分たちが目指していたことをやれた。誇りに思うよ」と饒舌に話している。『アス』が内容を伝えた。  UEFAネーションズリーグ・グループ4の最終節で両チームは対戦。勝ち点1差で追うスペインが4強に勝ち上がるには勝つしかない状況だったが、FWフェラン・トーレスのハットトリックなどで6得点を奪って大勝。順位を逆転し、ベスト4に進出した。  これまでエンリケ監督率いる同…