新型コロナ陽性のスアレス、ブラジル代表戦&古巣バルセロナ戦を欠場へ

 ウルグアイサッカー協会(AUF)が16日に公式ツイッター(@AUFOficial)を更新し、アトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが新型コロナウイルスの検査で陽性だったことを発表した。  AUFは声明で「代表チーム全員を対象に検査を実施し、その結果、ルイス・スアレス、ロドリゴ・ムニョス、スタッフのマティアス・ファラルが新型コロナウイルス陽性だった」と報告。3名の健康状態は良好で、対応する措置を講じたと説明している。  カタールW杯南米予選で4位につけるウルグアイは、17日に…