「お金では動かない」韓国代表イ・ガンインが延長オファーを拒否

 韓国代表MFイ・ガンイン(19)がバレンシアからの新契約の提示を拒否したようだ。スペイン『アス』が報じた。  報道によると、イ・ガンインは2022年6月30日に終了する契約の延長を望まず、出場時間の確保を優先して移籍を希望するという。夏にも移籍を画策したが、バレンシア側が監督交代、出場時間やポジションの保証をして慰留に努めた。  迎えた今季は開幕から連続スタメンを務めたものの、先発とベンチを行き来する状況が続いている。記事では「バレンシアはイ・ガンインを説得するために給与引き上げを提案したが、…