リーガ会長がC・ロナウドが去った影響を語る「あまり変わっていない」

 スペインプロリーグ機構(LFP)のハビエル・テバス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドがラ・リーガを去ったことの影響はそこまで大きくなかったと語った。14日、スペイン『マルカ』の内容を『フットボール・イタリア』が伝えている。  所属するスター選手がそのリーグの人気の要因にもなる中、テバス会長は現在ラ・リーガのバルセロナに所属するFWリオネル・メッシやレアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスが他リーグに行く可能性に触れる。「出ていってほしくないが、もしもそれが起きてしまったら、その緩みを元に戻すた…