故意か偶然か…危険タックルで退場のエバートンFWリシャルリソンが事情を説明

 リバプールとエバートンは17日のプレミアリーグ第5節の“マージーサイド・ダービー”で激突。2-2で終了したが、遺恨が残る展開もあった。リバプールMFチアゴ・アルカンタラへのファウルで一発退場となったエバートンFWリシャルリソンは、自身の公式サイト上で謝罪を伝えている。  2-2で迎えた後半45分、リシャルリソンはチアゴに対して危険なタックルを敢行。主審によりレッドカードが提示された。チアゴの状況はいまだ伝えられていないが、ユルゲン・クロップ監督によると怪我を負ったことが判明している。  リシャ…