何がネイマールをそうさせた? 差別発言めぐる騒動を振り返るマルセイユDF「彼を追い詰めたのは…」

 マルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスがパリSGのFWネイマールとの騒動を振り返り、同選手を非難した。アメリカ『ESPN』が報じている。  発端となったのは、9月13日に敵地で開催されたリーグアン第3節のパリSG戦(○1-0)。両チーム合わせて5人が退場する荒れた一戦で、ネイマールはA・ゴンサレスの後頭部を殴ったとしてレッドカードを受けていた。その後、ネイマールはA・ゴンサレスから人種差別発言を受けたと訴え、A・ゴンサレスもネイマールから同性愛嫌悪の発言を浴びせられたと主張。だが、フランス・プロ…