香川真司の契約解除にサラゴサのファンが怒り…スペイン紙も批判「クラブ幹部の発言を忘れてはならない」

 MF香川真司との契約を解除したサラゴサ(スペイン2部)に対し、現地のファンは快く思っていないようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。  香川は昨年8月にドルトムントから2年契約で加入し、昨季はリーグ戦31試合で4ゴール1アシストを記録。しかし、チームが昇格を逃すと、約50万ユーロ(6200万円)という高額な年俸により、今夏の放出がたびたび報じられてきた。そしてクラブは2日、香川と双方合意の上で契約を解除することを発表。新天地の候補として同じスペイン2部のサバデルなどが挙がっているが、現時点で去…