ベイルの一番の希望は…代理人が明かす「私たちは話し合いを進めている」

 レアル・マドリーのFWガレス・ベイルがトッテナム復帰に向けて、具体的な話し合いを行っていると、代理人であるジョナサン・バーネット氏が明かした。『BBCラジオ・ウェールズ』に語った内容を『マルカ』が伝えた。  ベイルはレアルで7シーズン目を迎えた昨季、キャリアワーストのリーグ14試合の出場にとどまり、2得点を挙げたのみだった。  13年まで所属したトッテナムへの復帰やマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるベイルだが、バーネット氏によると、一番の希望はスパーズへの復帰だという。「彼はいまも…