交わらない両クラブ…人種差別疑惑のA・ゴンサレスはネイマールを「悪い敗者」と糾弾、殺害予告の被害も

 マルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスから人種差別を受けたと主張するFWネイマールに対し、パリSGが強いサポートを表明した。イギリス『BBC』が伝えている。  ネイマールは13日、ホームで行われたマルセイユ戦(●0-1)の後半アディショナルタイムにA・ゴンサレスの後頭部を叩いたとして、レッドカードを提示された。同選手に人種差別発言を浴びせられていたことを理由に挙げ、自身の退場シーンと同様に映像を用いて問題を明らかにするよう当局に働きかけているという。  パリSGは翌14日に発表した声明で「社会に…