「怠惰なプレッシャーだ」モウリーニョ監督が不満を漏らす

 トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が開幕戦を振り返り不満を語った。イギリス『スカイスポーツ』が14日に伝えている。  トッテナムは13日、プレミアリーグ第1節でエバートンと対戦した。序盤からチャンスを作り出していたトッテナムだが、後半10分、エバートンFWドミニク・カルバート・ルーウィンに決勝点を奪われ、0-1で敗れた。  敗北を喫した指揮官は『スカイスポーツ』のインタビューに次のように話した。 「プレッシャーをかけないことによって苦しいシチュエーションを作ってしまった。怠惰なプレッシャーだ…