プレシーズンで結果残した南野、クロップ監督も舌を巻く「まるで別人」

 リバプールのユルゲン・クロップ監督はプレシーズンマッチを通して、MF南野拓実の成長を実感しているようだ。10日、『BBC』のラジオの内容を『HITC』が伝えている。  2020年1月にザルツブルクからリバプール入りを果たした南野。チームはプレミアリーグ優勝を成し遂げたが、南野自身は公式戦でゴールを挙げることができず、シーズンを終えていた。しかし8月のコミュニティーシールドで初得点を決めると、その後も親善試合でゴールを続け、新シーズンに向けて調子を上げている。  クロップ監督は、大きな印象を残す…