18歳FWは「特別な才能の持ち主」、マンUでの“最年少記録”も…

 30日に行われたプレミアリーグ第32節でブライトンと対戦したマンチェスター・ユナイテッドは3-0の完封勝利を収めた。オーレ・グンナー・スールシャール監督は先制点を奪ったFWメイソン・グリーンウッドを「特別な才能の持ち主」と称した。  前半16分に試合を動かしたのはグリーンウッドの左足だった。右サイドでDFアーロン・ワン・ビサカからパスを呼び込むと、ドリブルでPA内へと運ぶ。相手にコースを阻まれながらも、鋭く振り抜いた左足から放たれたシュートは相手選手の股を抜いてネットを揺らし、値千金の先制点が…