バルサに不協和音…選手たちが監督を非難「このままでは優勝できない…」

 バルセロナの選手たちがリーガ・エスパニョーラ第32節セルタ戦(2-2)後のロッカールームでキケ・セティエン監督を非難し、激しく言い合ったことが分かった。スペイン『マルカ』が「キケ・セティエンの就任以来、最もデリケートな時期にある」と不協和音を伝えている。  バルセロナが第32節を手痛いドローで終えた一方で、レアル・マドリーはエスパニョールに1-0で勝利。チームが「最もデリケートな時期にある」理由は、勝ち点2差で上回ったレアルが単独首位に立ったというだけではなく、「監督とチームの関係性が貧弱であ…