ドイツメディアが大迫を絶賛!ブレーメンの危機救う2得点

 【ベルリン28日=円賀貴子通信員】絶体絶命の危機を救った! ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(30)が今季最終節だった前日27日のケルン戦(ホーム)で2得点を挙げて6-1の大勝に貢献し、一夜明けてリーグ公式サイトや現地メディアが日本のエースを絶賛した。17位だったチームは土壇場で自動降格を回避する16位に浮上。7月2、6日に行われる2部3位クラブとの入れ替え戦に回り、1部残留の可能性を残した。