神戸の36歳GK荻が契約満了…自身の運命をワインに例える

 ヴィッセル神戸は5日、GK荻晃太(36)が契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決定したと発表した。  荻は岐阜工高から2002年に神戸へ入団。その後、大宮、FC東京、甲府、名古屋でのプレーを経て、2018年に神戸へ復帰した。同シーズンは公式戦未出場。今季もここまで公式戦の出場はない。  退団に際し、クラブ公式サイト上で「18歳でヴィッセル神戸に入団した時、まさかその16年後に再び神戸の一員となり、アンドレス イニエスタとチームメイトになるなんて夢にも思いませんでした。やはり人生というの…