森保監督「チャンスができたときに得点を奪えたら…」

 サッカー国際親善試合(17日=日本時間18日、オーストリア・グラーツ)国際サッカー連盟(FIFA)ランキング27位の日本が、同11位のメキシコに0-2で敗れた。森保一監督(52)は「チャンスがいくつかできたときに得点を奪うことができたら、違った展開になっていた。強い相手なので流れを渡すと難しい展開になる。きょうの結果に出た」と敗因を指摘。「こういう経験を生かして、これからチームをレベルアップさせていきたい」と前を向いた。