リバプールの屈辱7失点はなぜ起きた? ファン・ダイク「自分たちを苦しめたのは…」

 リバプールのDFフィルヒル・ファン・ダイクが2-7の大敗を喫したアストン・ビラ戦を振り返った。クラブ公式サイトがイギリス『スカイ・スポーツ』でのコメントを伝えている。  リバプールは4日に開催されたプレミアリーグ第4節でアストン・ビラのホームに乗り込んだ。前半4分にGKアドリアンのパスミスをきっかけに先制を許すと、その後も相手の勢いを止められず、2-7の惨敗。クラブにとって1963年4月のトッテナム戦(2-7)以来、公式戦57年ぶりの7失点となった。  この試合でセンターバックとして先発フル出…