自称・夏男の浦和レオナルドが2戦連発で今季4点目「宣言まであと19点」

 追いつかれての引き分けで勝ち点2を失う結果ではあったが、先制点を挙げた浦和レッズFWレオナルドは、ポジティブに前を向いた。  お膳立てとフィニッシュの二役をこなした。0-0で迎えた後半9分。まずはボールを保持する清水DFにレオナルドが激しくプレスをかけ、MF関根貴大のところで奪う。次は関根のスローインからレオナルドが中央に運び、杉本とのワンツーがこぼれたところを拾ってシュート。フェイントで相手DFをかわし、GKの動きを見きって逆を突く冷静なシュートで、スコアを1-0とした。 「PA内では狭いス…