開幕節(セルタ VS レアル・マドリード)前日、ジダン監督の記者会見の模様

開幕節(セルタ VS レアル・マドリード)前日、ジダン監督の記者会見の模様

ジダン監督がバライードスで行われるセルタとのリーガ開幕戦(スペイン時間:土曜日17時、日本時間:日曜日0時)に向けた最後の練習後、シウダー・レアル・マドリードでの記者会見に出席し、その試合について分析した。「我々はもうスタートすることを望んでいる。今日は最後の練習だったので、今は明日の試合のことだけを考えてる。我々はリーガをスタートできるので喜んでいるし、そのスタートに向けた準備はできている」

「自分たちのチームのこと、そして自分たちが望むものを分かっている。セルタは世界最高のこのリーガの中でいいチームを抱えているよ。我々は競争力が激しいこと、素晴らしいチームがたくさんあることを分かっているので、いい試合をするためにしっかりと準備しなければいけない」

「我々にとって楽観的なことはリーガが始まることだ。新たな選手たち、そして以前からいる選手たちとともに、誰もが今まで見たものに意見することができる。しかし我々はもうリーガの流れをスタートしているし、完全に楽観している」

久保建英に関してもこう述べている

「久保はレアル・マドリードの選手であり、彼には未来がある。移籍市場の最後まであらゆることが起こることを我々は分かっているが、私は彼がカスティージャで最初にプレーし、進歩しながらここに残ることを願っている。彼は重要だ。なぜならレアル・マドリードの未来だからね」