ジュビロ、劇的ゴールで8試合ぶり勝利!大分トリニータVSジュビロ磐田(1-2)【J1第27節(2019)】

ジュビロ、劇的ゴールで8試合ぶり勝利!大分トリニータVSジュビロ磐田(1-2)【J1第27節(2019)】

明治安田生命J1リーグ第27節の大分トリニータ対ジュビロ磐田戦が28日に行われ、アウェイの磐田が2-1で勝利を収めた。今季2度目の監督交代後もリーグ戦3連敗を喫し、最近7試合で勝ち点わずか1の獲得にとどまっている磐田。残留ラインに大きく離されての最下位に沈んでおり、奇跡の逆転残留に向けて後のない状況に追い込まれている。

最近3試合で得点すらもなかった磐田は今節も厳しい戦いに。前半は大分が試合を優位に進め、小林成豪などが何度かゴールを脅かす。だがスコアは動かず、両チーム無得点で前半を折り返した。

66分、待望の先制点は磐田に生まれる。左サイドで縦パスを受けたルキアンがタックルを受け、こぼれたボールに後方から走り込んだ山本康裕がゴール右への低いシュートを流し込んだ。

4試合ぶりのゴールを挙げた磐田だが、リードを守り抜くことはできなかった。79分、大分は交代出場の三平和司がエリア内で倒されてPKを獲得し、自らゴール右に決めて1-1の同点とした。

そのままドローに終わるかに見えたが、6分間の長いアディショナルタイムの最後にドラマが待っていた。必死の攻撃を繰り出す磐田は相手陣内でボールを奪い、右サイドにこぼれたボールから松本昌也が絶妙なクロス。ファーポストで合わせた山本がこの試合2点目となるヘディング弾を叩き込んだ。

この試合のラストプレーとなったシュートで劇的勝利を収めた磐田は8試合ぶりの勝ち点3を獲得。プレーオフ圏の16位サガン鳥栖との差を7ポイントに縮め、J1残留に望みを繋いでいる。

【動画タイトル】

【公式】ハイライト:大分トリニータvsジュビロ磐田 明治安田生命J1リーグ 第27節 2019/9/28

Jリーグ公式チャンネル YouTube